2008年05月07日

笑う鉄道 勝谷誠彦の知られてたまるか!

今回は大阪の地場を楽しめる、そんな情報が掲載されている芸能人の出版書籍を紹介します。
1つ目は漫才師、中川家・弟・礼二が監修している鉄道関連本「笑う鉄道」です。

定価は1575円、関西の5大私鉄(京阪・近鉄・阪神・南海・阪急)を紹介しています。

もう1つはコメンテーター・勝谷誠彦が自分の足で探し、見つけた飲み屋の情報本「勝谷誠彦の知られてたまるか!」です。


どちらも大阪の良い所を引き出している本だと思います。
特に飲み屋の情報は個人的には嬉しく思います…わーい(嬉しい顔)


posted by amadare.member at 05:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。