2010年12月03日

大人の超合金 スペースシャトル エンデバー号 / KORG M01

本日2010年12月3日発売予定の玩具・ソフトウェアを紹介します。

まず「大人の超合金 スペースシャトル エンデバー号」です。

大人の超合金『スペースシャトル エンデバー号』は、発射から帰還までのシークエンスを実機同様に再現する事が出来るモデルですぴかぴか(新しい)

発射からSRB分離、ET分離、そしてオービターのペイロード・べイ・ドアを開いての宇宙空間での作業、その後大気圏への再突入、帰還までの全シークエンスを忠実に再現できますexclamation

初回生産分限定特典には、宇宙飛行士を発射台まで運ぶNASAの車両『アストロバン』のダイキャスト製ミニカーと『宇宙飛行士7名』のミニフィギュアが同梱プレゼント

【セット内容】
・スペースシャトル本体
・オービター(エンデバー号)
・外部燃料タンク(ET)
・固体燃料補助ロケット 右・左(SRB)
・ISS用ロボットアーム
・多目的補給モジュール(MPLM)
・宇宙飛行士(船外活動タイプ)×2種
・ベイロード・ベイ用支柱×3種
・宇宙飛行士用ワイヤー

・ディスプレイスタンド
・ディスプレイ台座
・ディスプレイパーツ×4種
・金属製ネームプレート
・ディスプレイ台座用メッキプレート
・オービター用ディスプレイ台座
・オービター用ディスプレイパーツ
・ディスプレイ台座用透明プレート
・ディスプレイ台座用フォトシート×2種
・専用ACアダプター
・解説冊子
ENDEAVOUR_OV105.JPG

1/144スケール
全高:約39cm (ディスプレイスタンド設置時 約43cm)
電池:単3×4本(別売)または専用ACアダプター

定価は、47,250円(税込)ですが、値引はあります。
(高額商品ですが、人気商品です。売り切れの際には、ご理解・ご了承下さいふらふら

最後に、この玩具の紹介サイトは、以下のURLになります。
http://tamashii.jp/special/o_chogokin/



次はNintendoDS用ソフト「KORG M01」です。

1988年、一台のデジタル・シンセサイザーが音楽シーンを変えました。その名はKORG M1
現在も多くのミュージシャンに語り継がれ、使われ続けている銘器です。

その名機がニンテンドDS用ソフトとして登場ですNEW

手のひらサイズのシンセサイザー、作曲ソフトウェアです

特徴は以下の通りです。
・オリジナルKORG M1の全PCM波形データを含む342種類の音色を搭載した8パート・マルチティンバー音源(最大同時発音数12音/一曲につき7700音までメモリ可能)
8トラック・ステップ・シーケンサー(1シーンにつき最大64ステップ)
マスター・リバーブ/ディレイ・エフェクト搭載
・トラック・オーバービュー、サウンド・ブラウザ、シーケンス・エディット、ミキサー、キーボードから成るシンプルかつ機能的な画面構成
・タッチコントロール画面による感覚的なノート/コード/ドラム入力モードペン
・ワイヤレス通信による楽曲データの交換携帯電話

DS_M01.JPG

アマゾンのみでの限定販売です。
気楽に、簡単に、作曲に挑戦してみませんかるんるん

(別途、操作方法を説明した書籍も月末に発売予定ですsoon

価格は、5,980円(税込・送料込)で、値引はなさそうです。

最後に、このソフトの紹介サイトは、以下のURLになります。
http://www.korg.co.jp/News/2010/0830/


お値段の高い物もありますが、本物志向の逸品だと思いますひらめき
ぜひ、吟味して、良い物を堪能していただければと思いますわーい(嬉しい顔)決定



posted by amadare.member at 05:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。